女性に嬉しい成分たっぷりのイソフラボン|サプリで摂取も楽々

スマイル

生きた乳酸菌を腸へ届ける

乳製品

どのように働くのか

昔から乳酸発酵食品が身体に良いとされてきました。しかし、なぜ良いのかが解ってきたのは乳酸菌の研究が進んだ現代になってからです。それでは、乳酸菌がどのように働くのかについてお話しします。私たちの腸の中には、天文学的な腸内細菌が生息しています。その数は、人間の細胞の数をはるかに超える100兆個以上とも言われており、腸管粘膜表面をびっしりと腸内細菌が覆っているのです。これらの腸内細菌を、私たちに有益な善玉菌と逆に悪影響を与える悪玉菌に分けて考えることが一般的になりました。ご察しの通り乳酸菌が善玉菌の代表格で、悪玉菌には大腸菌等があります。そして、乳酸菌は腸管内で乳酸発酵を行いますから腸管内を酸性化して悪玉菌を追い出してしまうのです。

どうやって摂れば良いのか

乳酸菌が腸管内で増えることで、悪玉菌が減少して行きますから、大腸の蠕動運動が回復して便秘に効果があると言われています。また、悪玉菌が免疫機構を乱すためにアレルギー等の免疫異常が起こることが解っており、乳酸菌が増えることでアレルギーの改善効果が期待できるのです。ただし、生きた乳酸菌を腸へ届ける必要があります。そこで、乳酸菌をどうやって摂れば良いのかが問題となりますが、答えは簡単です。乳酸菌サプリを利用すれば良いのです。最近販売されている乳酸菌サプリは、生きたまま腸に届くように工夫されているのです。乳酸菌サプリには様々な菌種が利用されており、それぞれの菌種で期待できる効果も異なってきますから、用途に合わせて乳酸菌サプリを選びましょう。