女性に嬉しい成分たっぷりのイソフラボン|サプリで摂取も楽々

スマイル

現代の日本人は不足がち

栄養補助食品

不足すると起きること

ドコサヘキサエン酸はDHAの正式名称です。DHAは青魚に多く含まれるとされるのは有名な話ですが日本人の食の欧米化などによって魚の摂取量が低下している事によって様々な症状が増加していると言われています。DHAの摂取が低下することによって中性脂肪が増え、心臓病になるリスクが高くなったりセロトニンの量が低下する事でうつ病を発症してしまうリスクが高くなったり多動性障害を引き起こしてしまう可能性があります。出産前後の女性はセロトニンの量が激減するので産前、産後うつになりやすいとされているのです。DHAが豊富に含まれる魚はブリやイワシ、サバ、他にもマグロ、うなぎ、サンマなどがあります。しかし日本の食卓には昔に比べて魚が並ぶ事が減ってきている為、サプリ等を利用して手軽にDHAを意図的に摂取している人も多いです。

手軽に摂取できる料理

DHAをサプリで補うことも効率よく摂取できてよいのですが魚料理も手軽に摂取して自然の栄養を取り入れたいものです。魚は調理するのは手間が面倒だったり魚を捌くことができない女性も増えてきています。そこで手軽に魚料理ができるのが魚の缶詰です。魚の缶詰が食卓にそのまま並ぶのは味気ないので缶詰を少し工夫する事でおしゃれな食卓となります。魚の缶詰と野菜を一緒に炒める事だけで一品になりますし、味付けも缶詰の汁だけで十分味がつきます。イワシの塩漬けのアンチョビはマッシュルームなどと一緒にオリーブオイルで加熱するとフランスパンにつけて頂くアヒージョになりますし、パスタなどにも使えておもてなし料理にも最適でかつDHAを豊富に摂取できる食材です。